矯正費用の相場は?

「歯並びを治したいけど、どのくらいお金がかかるものなの?」矯正治療を始める上で、費用も重要なチェックポイント。ここでは、矯正にかかる費用の相場や注意点、医療費控除について解説します。

矯正費用のしくみ

歯科矯正の費用は、3割負担で済む健康保険が適用されない審美歯科という部類に入るため、基本的には全額負担となります。そのため、高額と言うイメージがあるのだと思います。

また、虫歯治療とは違って治療の期間も長く、矯正方法ごとに料金も違うため、東京の矯正歯科の平均の費用は80万円前後と言われています。

あくまでも平均ですから、症例が軽度であればもう少し安くなるでしょうし、重度であれば100万円も超えてしまうこともあるでしょう。

歯列矯正の種類と料金相場

ワイヤーによる矯正

マルチブラケットという矯正装置を歯の表側に装着し、ワイヤーを通して固定することで歯を引っ張って歯列を整えます。その中でも装置の素材や形状の違いによって3種類に分けられます。

金属ブラケット

歯の表側に装着する矯正装置(ブラケット)が金属製。「矯正」と聞いてまず思い浮かべるのは、この矯正装置ではないでしょうか。

メリット

金属製のブラケットは丈夫で、さまざまな状態の歯列矯正に対応できます。また、高額な歯列矯正治療の中では最も安いです。

デメリット

他の装置に比べて素材の色や形が目立ちます。

金属ブラケット矯正の料金相場
750,000円〜800,000円

審美ブラケット

白や透明で目立たない色のブラケットのこと。金属ブラケットよりだいぶ目立たなくなりますが、金属ブラケット同様に歯の表側に装着するため、装置自体は見えてしまいます。

メリット

金属ブラケットと同様、さまざまな状態の歯列矯正に対応できます。また、金属ブラケットと異なり金属素材ではないため、金属アレルギーの人でも装着することが可能です。

デメリット

金属ブラケットより、少し強度は劣ります。また、費用も審美的なものを意識した素材となると、やや高額になってしまいます。

審美ブラケット矯正の料金相場
800,000円〜1,200,000円

セルフライゲーションブラケット

従来型のワイヤーによる矯正では、金属ブラケットにしても審美ブラケットにしてもワイヤーにブラケットを縛り付けなければなりませんでした。金属やゴム素材の糸で固定する必要があったのですが、このセルフライーティングブラケットは、ブラケット本体にワイヤーを固定することができる仕組みになっており、ブラケットが周りがすっきりしています。

メリット

従来の金属ブラケットや審美ブラケットに比べて、歯を移動させるために生じる摩擦が少なくなります。そのため負担も少なく、矯正期間も短期間で済むといわれています。

そして、従来型のワイヤーによる矯正よりもブラケットを固定する糸で縛り付けられていないので、周辺がすっきりとしているため歯磨きなどもスムーズにできて清潔です。そのため注目されている装置の一つです。

デメリット

費用はやはり、やや高額になります。また、ブラケットのサイズが少し大きいというデメリットもあります。改良が加えられ、小型化してきてはいますが、まだ十分ではありません。今後に期待したいところです。従来型のワイヤーによる矯正で使用するブラケットよりも大きいというところが解消されれば、セルフライゲーションブラケットはますます人気が高まるでしょう。

セルフライゲーティングブラケット矯正の料金相場
800,000円〜1,000,000円

裏側矯正

歯列矯正装置を歯の裏側に装着する方法です。そのため矯正期間中も周囲に気付かれることなく続けられます。

メリット

やはり大きなメリットの一つは、外から矯正装置が見えないということです。職業柄、歯列矯正は避けたいと思っていた人や、その見た目から敬遠していた人にとっては唯一の方法です。

また、歯列矯正装置周辺は歯磨きが行き届かず虫歯になってしまうこともあります。歯の裏側はエナメル質が表側の3倍も厚みがあり、丈夫なため、裏側に矯正装置を装着していた方が虫歯になりにくいというメリットもあります。

デメリット

裏側矯正は舌が装置に当たりやすいので、はじめは違和感があるでしょう。しかし、およそ1〜2週間で慣れ、違和感はなくなるようです。また最近は装置も小型化しているので、もっと短期間で違和感がなくなるといわれています。

やはり最初は発音がしにくいと感じることもあります。発音に関しては1〜2ヶ月で慣れてきます。意識的にはっきりと発音することを意識しましょう。

裏側矯正の料金相場
1,000,000円〜1,300,000円

ハーフリンガル矯正

上顎の歯は裏側、下顎の歯は通常の表側に矯正装置を装着します。そのため最も目立つ上顎の歯に装置が見えないため、矯正をしていることが目立ちません。また、下顎は裏側矯正であると舌があたるので違和感があったり、発音にも問題が出ることがありますが、表面に矯正装置があれば問題はありません。まさに、「表側矯正と裏側矯正の良いとこ取り」といえるでしょう。

メリット

やはり目立たないというメリットは大きいです。そして、裏側矯正では舌に矯正装置が当たるので違和感や舌に跡がつく、発音がしにくいなどの違和感がありますが、問題の下顎だけ歯の表側に矯正装置を装着することで違和感を最小限に抑えることができます。また、上下全てを裏側矯正にするよりも、安くなります。

デメリット

上下で装着する場所が違うので、バランスよく矯正装置を装着していく技術が必要になります。また、上下歯の外側に装着する矯正よりも高額になります。

ハーフリンガル矯正の料金相場
900,000円〜1,200,000円

マウスピース矯正

ワイヤーやブラケットを使用せず、薄くて透明なマウスピースのような装置をつける。装置は自分で着脱することが可能です。「インビザライン」といわれる治療方法も、マウスピース矯正の一つで、注目を集めています。マウスピース矯正は種類が幾つかあるので、料金にも大きく差が出ます。

メリット

透明なため、ほとんど目立たない。ワイヤーやブラケットが装着されていないので歯磨きしやすい、発音がしやすい、違和感がないなどのメリットがあります。

デメリット

装着時間を守らないと効果が出ないというデメリットがあります。治療できる不正咬合(ふせいこうごう)の範囲がある程度限定されているので、マウスピース矯正では効果がないということもあります。

マウスピース矯正の料金相場
150,000~800,000円/全顎矯正

料金に関しては、矯正治療にかかる料金の総額を示しています。

矯正治療をスムーズに進めるために

矯正にかかる費用はさまざまな項目に分かれます。矯正装置の調整やメンテナンス、定期的な診察費など。最初は想定していなかった費用がかかったりすることもあります。少しゆとりを持って費用を設定することが必要です。

矯正治療の場合は定期的な通院が必要となります。しかも、年単位という長期間、治療を継続しなければなりません。

「お金も時間も、こんなにかかると思わなかった。」という不満の声を聞くことがあります。

矯正の期間は矯正の種類や歯列の状態、歯科医師の技術などによって、個人差があります。1年から4年といわれていますが、場合によっては5年から6年にも及ぶ場合もあります。そのため、矯正治療の費用にも差が出てしまいますので、あくまでも相場をお伝えしました。

やはり、矯正治療をスムーズに進めるためには、複数の歯科医院の無料相談などを利用して、費用や期間などについて比較検討する必要があります。一旦治療が始まると、長い付き合いになりますので、歯科医師との相性も大切です。通いたいと思えるような歯科医師やスタッフがいる歯科医院をじっくり選びましょう。

また、費用だけではなく、経過次第では期間も伸びる可能性があると考えておきましょう。

東京の矯正歯科の特徴

東京の矯正歯科医院では、「治療期間の短縮」と「仕上がりの美しさ」、その両方を叶えることを目指している、というところが多いです。この二つを両立することはとても難しいことで、技術力の高さと豊富な経験が必要です。

また、多数ある矯正歯科医院ですが、ホームページなどを見てみると、どの種類での矯正が得意か、ということが書かれていることが多いです。そのため、矯正治療の種類を知り、どの方法で治療したいかを事前にリサーチしておくことが大切です。そして自分が希望する矯正治療を得意とする歯科医師がいる矯正歯科医院へ相談に行ってみましょう。自分の歯列の状態に一番適している矯正治療の種類を把握するためにも、いくつかの矯正治療をシミュレーションしてみましょう。

また、診察時間も平日は遅くまで可能であったり、土日も診察してもらえたりと、忙しい人でも通いやすい時間設定にしている歯科医院が多いのも特徴です。待合室の設備も充実しており、ウォーターサーバーやエスプレッソマシーンを設置していたりと、仕事帰りでも快適に過ごせる工夫をしているところも。矯正治療開始後の歯磨きなどのセルフメンテナンスなどに関してもきめ細かいアドバイスをしてくれるところなど、矯正技術以外でもさまざまなサービスが充実していると感じます。ぜひ複数の歯科医院を比較検討し、長期間にわたって通いたいと思えるところかどうか判断してください。

項目別の相場

  1. 初診料…2,000円~5,000円程度(無料の場合もあり)
  2. 検査・診断料…25,000円~50,000円程度
  3. 装置装着料…装置ごとに異なる
  4. 治療費(チェック料や調整料)…装置ごとに異なる
  5. 保定装置料…装置ごとに異なる
  6. 保定観察料など…装置ごとに異なる

3~6の合計料金:65万円~95万円 ※表側矯正の場合

料金の注意事項

医療機関によってそれぞれの料金体系や、支払い方法は医療機関によって異なってくるのが、次の項目です。

  • 装置装着料
  • 治療費(チェック料や調整料)
  • 保定装置料
  • 保定観察料

契約時に提示された矯正料金とは別に、院毎に当日の処置料を支払う医院や、治療完了までにかかる全ての費用(1~6)を合算して料金を提示し追加料金が発生しない医院などがあります。

医療費控除とは?

医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

矯正治療にかかった費用も条件を満たせば、医療費控除の対象になりますので、領収書は大切にとっておきましょう。

医療費控除は一年間に10万円以上の医療費を支払った場合に所得税の一部が戻ってきます。

本人及び生計を同じにする配偶者そのほか親族の医療費(毎月1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は次の方法で計算額できます。

1年間の医療費支出-保険金等の収入-10万円=医療費控除額
この医療費控除額に所得税率をかけたものが、返ってくる還付金の額です。

医療費控除額×所得税率=還付金

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

医療費控除の対象となる医療費

  • 医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • 治療のための医薬品購入費
  • 通院、入院のために通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代など)
  • 治療のために、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費

還付を受けるために必要なもの

  • 確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  • 領収書(コピーは×)
  • 印鑑、銀行などの通帳

※確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。

※申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

  • 矯正の仕上がりで選ぶクリニック3選

    広瀬矯正歯科

    「歯と顎本来の機能を考えた治療」がモットーの矯正専門医院

    公式HPを見る

    銀座しらゆり歯科

    美しさと歯の健康が同時に叶う!
    銀座最大級の大型総合歯科

    公式HPを見る

    渋谷矯正歯科

    欧米で主流の「デジタル裏側矯正」を採用し、細かい調節も可能に

    公式HPを見る
  • 矯正装置の種類が豊富なクリニック3選

    東京駅前しらゆり歯科

    豊富な矯正種類を提供!専門外の知識や最新機器を使った「総合治療」で、どんな歯の悩みにも対応

    公式HPを見る

    ソフィア歯列矯正歯科医院

    小児矯正から成人矯正まで対応
    親子で通えるアットホームな専門歯科医院

    公式HPを見る

    東京国際歯科六本木

    後戻りの治療や部分的な矯正に特化
    「患者さん主体の診療」がモットー

    公式HPを見る
  • 矯正実績年数で選ぶクリニック3選

    六本木河野歯科クリニック

    実績
    年数
    17年以上
    公式HPを見る

    東京デンタルオフィス

    実績
    年数
    10年以上
    公式HPを見る

    銀座ハート矯正歯科

    実績
    年数
    9年以上
    公式HPを見る