アソアライナー

ここでは、アソアライナーの特徴や口コミを掲載しています。

アソアライナーの特徴

人気のマウスピース矯正のなかで、国内で最も普及しているのがアソアライナーです。アソアライナーは日本製のマウスピース矯正装置で、国内に技工所があるので歯型を取った後、最短で10日程度で、マウスピース治療を開始できます。

アメリカで装置を作成するため、完成して治療を開始するまで2ヶ月弱かかるインビザラインに比べて早く治療を始められます。

10日間毎に、ソフト、ミディアム、ハードとマウスピースの固さを強めていき、30日毎に歯型を取って、新たなマウスピースを制作。そして同じサイクルで矯正していきます。

1ヶ月ごとに歯型などのデータを随時取り直し、新しいマウスピースを作りながら治療を進めていきますので1ヶ月先のマウスピースを常に作るという治療になります。

通院は1か月に2回、歯列のチェックと歯の動きに合わせてアソアライナーを交換します。

どっちがおすすめ?アソアライナーとインビザライン

同じくマウスピースで治療をおこなうインビザラインとアソアライナーでは、どのような違いがあるのでしょうか。治療にかかる費用や期間、治療の方法などを比べてみましょう。

通院の頻度

インビザラインの場合、最初に型を一度取るだけで済みますが、アソアライナーの場合、1ヶ月先のマウスピースを常に作るという治療になりますから、通院頻度は増えてしまいます。

また、インビザラインであれば、歯の健康チェックを行うだけなので2~3カ月に一度の通院で大丈夫です。

ただしアソアライナーの場合2週間~1ヶ月に一度、歯の可動状況や、それにあわせた型取りとマウスピース受け取りのための通院が必要になってしまいます。

治療中の見た目

インビザラインもアソアライナーも、見た目は透明で、厚さも差異はないようですが形状が違います。インビザラインは歯の部分だけを覆っていますが、アソアライナーは歯のほかに、歯ぐきと上あごの3分の1ぐらいを覆う形をしています。

ふたつを並べて比較すると大きさも形も違うのが一目瞭然ですが、装着感は、当然、インビザラインのほうが違和感がありません。

来院頻度を少なくすませたい!という方は、インビザラインの方がおすすめといえるでしょう。

  • 矯正の仕上がりで選ぶクリニック3選

    広瀬矯正歯科

    「歯と顎本来の機能を考えた治療」がモットーの矯正専門医院

    公式HPを見る

    銀座しらゆり歯科

    美しさと歯の健康が同時に叶う!
    銀座最大級の大型総合歯科

    公式HPを見る

    渋谷矯正歯科

    欧米で主流の「デジタル裏側矯正」を採用し、細かい調節も可能に

    公式HPを見る
  • 矯正装置の種類が豊富なクリニック3選

    東京駅前しらゆり歯科

    豊富な矯正種類を提供!専門外の知識や最新機器を使った「総合治療」で、どんな歯の悩みにも対応

    公式HPを見る

    ソフィア歯列矯正歯科医院

    小児矯正から成人矯正まで対応
    親子で通えるアットホームな専門歯科医院

    公式HPを見る

    東京国際歯科六本木

    後戻りの治療や部分的な矯正に特化
    「患者さん主体の診療」がモットー

    公式HPを見る
  • 矯正実績年数で選ぶクリニック3選

    六本木河野歯科クリニック

    実績
    年数
    17年以上
    公式HPを見る

    東京デンタルオフィス

    実績
    年数
    10年以上
    公式HPを見る

    銀座ハート矯正歯科

    実績
    年数
    9年以上
    公式HPを見る