東京の矯正歯科クリニック厳選カタログ > 矯正をはじめる前にチェック!知っておきたい基本情報 > 子供の矯正について

子供の矯正について

歯を動かす施術を行う点では大人でも子供でも変わりはありません。ですが、いくつか違うポイントがあるのでご紹介しましょう。

子供と大人の歯列矯正の違い

一般的に歯列矯正はできるだけ子供のうちに行っておいた方がいいと言われます。その理由はどこにあるのでしょうか。

矯正効果の違い

最も大きな違いとして挙げられるのが、子供のうちに行う矯正では歯や顎が成長する力を借りられる点です。成長する中で口周りの骨格なども少しずつ変わっていくのですが、小さいうちから矯正を始めておけばそれらを正しい方向に導くだけで効果的に歯列矯正に繋がるケースがあります。

一般的には永久歯が生え変わる12歳以下の子供の場合、その後に生えてくる永久歯の歯並びを矯正することにより、キレイな歯並びを実現できるのです。つまり、歯列矯正に効果的な年齢は永久歯が生えそろうまでの時期だということ。

子供の時に行う歯列矯正は永久歯が生え変わるタイミングで効果的にキレイな歯が生えてくるように準備を整える治療だともいえるでしょう。

しかし、大人になって成長が止まっているとすでに顎の骨の形は完全にできあがっているため、成長の力を借りた矯正ができません。理想的ではない形で顎の骨ができあがっている場合、それらを整えるところから始めなければならないのです。

また、長い時間をかけて少しずつ虫歯が大きくなってしまったものの、治療していない方もいるのではないでしょうか。大人になると歯周病の問題もあります。

こういった口内の状態が悪化している段階から歯列矯正を行う場合、矯正前に虫歯や歯周病の治療をしなければならず、その分時間が長くかかってしまうこともあるので虫歯や歯周病の治療は早めに行っておきたいですね。

治療にかかる期間の違い

子供のうちは成長に合わせて矯正ができるのですが、実は子供のほうが大人よりも長い治療期間がかかります。というのも、子供の力を行う矯正治療は成長の力を借りてできるだけ歯を抜くことなく歯並びをキレイにしていく方法となるため、歯が生えそろうのを待ったり、状態が落ち着くまでに時間がかかってしまうのです。

1期治療と呼ばれる乳歯の時期や永久歯が生えそろっていない段階から治療を行う場合、6歳くらいから治療を開始します。2期治療と呼ばれる永久歯が生えそろう時期も固定式装置で本格矯正をしなければならないため、すべて合わせると短くても5年、長い人だと10年近く、またはそれ以上かかるケースもあるのです。

大人の場合は一般的に早い人だと保定期間も併せて3年、長くても5年ほどとされているのでかなりの違いがあるでしょう。

大人の場合はすでに歯や顎が固定されているため、成長に合わせた治療はできません。そのため、大げさに言うと矯正装置の力を借りて無理やり歯を動かしていくわけですね。

大人になってから矯正を行う場合は歯を抜かなければならないケースもありますが、歯を抜くことによって効率よく他の歯が動くようになり、治療期間も短くて済むのが魅力です。もちろん、個人差はあります。大人でもなかなか動かない歯が出てきたり、歯が元の位置に戻ろうとする後戻りが強い場合は子供の頃に矯正するよりも治療期間が長くなることもあるので担当医によく確認しておきましょう。

費用の違い

子供の場合、事前検査を含めても第1期治療は20~40万円、第1期から第2期まで行った場合は30~50万円、第2期のみ行った場合は50~90万円程度の費用がかかるとされています。

第1期治療で高い効果が得られた場合は40万円以下で治療が完了することになるわけですね。

一方で大人の場合は安いとされている表側矯正だけでも最低70万円以上の費用がかかります。これもできるだけ子供のうちに歯列矯正を完了させておいた方が良いと言われる理由だといえるでしょう。

診断可能な病院の違い

先述しているように、大人と子供では歯並びを整えていく基本的な方法が異なります。そのため、それぞれの年代に合わせて最適な治療が受けられる歯科医院を選択しなければなりません。

子供の矯正治療ではかなりの実績があるものの、大人の矯正治療はほとんど経験のないような歯科医院もあるのです。自分の年代の歯列矯正が得意ではないところにお願いをしてしまうと治療期間が長くなる可能性もあるので注意しておきましょう。

大人になってから歯列矯正をするメリット・デメリット

まず、メリットとして挙げられるのが大人になってから歯列矯正をする場合は自分自身で望んで始めるケースが多いということ。小さい子供の中には、特に歯並びが悪いことを気にしていないものの、親に言われて仕方なく歯列矯正を始める場合も多いですよね。

しかし、ワイヤー矯正で見た目のことをからかわれたり、不満を感じる中で途中で矯正を投げ出してしまう子もいるのです。すると、それまでかかった矯正費用が無駄になってしまうでしょう。大人になってから歯列矯正を始めたケースではそういったことが少ないので、最後までやり通せる可能性が高くなります。

何歳になっても歯列矯正は可能なので、大人になってから歯並びを気にして歯列矯正を始めている方も少なくありません。

あまりにも歯並びが悪いと歯列矯正では思うように効果が実感できない場合もありますが、こういったケースでも外科的手術などによって歯並びを正すことができるので、まずは歯科医院で診察を受けてみましょう。

  • 矯正の仕上がりで選ぶクリニック3選
  • 矯正装置の種類が豊富なクリニック3選
  • 矯正実績年数で選ぶクリニック3選

関連ページ一覧