噛み合わせ

ここでは、嚙み合わせの特徴や原因、矯正方法について紹介していきます。

噛み合わせの特徴

上の歯が下の歯より2~3mm外側に並んでいなければ、食べ物を効率よく磨り潰したり、正しく発音することができないだけではなく、奥歯で頬や舌を咬みやすくなり、口内炎にもなりやすくなるといわれています。

上下の前歯の前後的な噛み合わせに問題があると、多くの場合前歯だけでなく、上下の6歳臼歯の噛み合わせも前後にずれて正しくない噛み合わせになってしまうそうです。

自分の噛み合わせが良いのか悪いのかよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。実は日本人の79.9%は噛み合わせに異常があり、無視できない問題と言われています。

上下の前歯の真ん中が一致していない場合、上下の顎の骨や歯の噛み合わせが左右どちらかにずれています。

乳歯の歯並びでは隙間が空いているのが正しい歯並びですが、永久歯では歯と歯の間に隙間が空いているのは正しい歯並びではありません。

自然に口を閉じて、鼻呼吸ができていなければなりません。口元が出ていたり、口を閉じられなくて口呼吸になってしまうのも、前歯が前に出ている歯並びが原因になっていることが原因です。

また、左右の噛み合わせがずれていると笑った時にも、唇の左右の端の高さが違ってきます。

目立った特徴は、わかりづらいようですが、気を付けてみると、確かに噛み合わせ異常の患者さんはたくさんいそうです。

原因

上下の噛み合わせを悪くするのが「癖」。舌の位置が低くいつも下の前歯を押している癖、飲み込む時の舌が前歯を押している癖、指しゃぶり、爪や物を咬んだり吸ったりする、唇を咬む、いつも下の顎を前に出して咬むといった癖は、歯並びや噛み合わせが悪くなる原因になってしまうのだそうです。

左右どちらかで偏って咬む癖、頬杖、うつ伏せや横向きに寝る癖、歯ぎしりや、食いしばりなども同様。

生まれつき、左右の歯の数があっていない場合も、歯の中心がずれてしまうためかみ合わせに影響が出てしまうのですが、虫歯や歯周病で歯が無くなったまま放置していると、隣の歯がだんだん倒れてきて左右の歯並びのバランスがずれる可能性があります。

最近、体調がすぐれないという方は、クリニックで実際に口の中を診てもらい、歯並びや噛み合わせにどんな問題があるのか、確認してみてはいかがでしょうか。

矯正方法

マウスピースを使ったり、歯列矯正やあご矯正(矯正であごの位置を治す)を行ったり、歯を削ったり仮歯を足したりといった治療を、症状に合わせて行っていきます。

  • 矯正の仕上がりで選ぶクリニック3選

    広瀬矯正歯科

    「歯と顎本来の機能を考えた治療」がモットーの矯正専門医院

    公式HPを見る

    銀座しらゆり歯科

    美しさと歯の健康が同時に叶う!
    銀座最大級の大型総合歯科

    公式HPを見る

    渋谷矯正歯科

    欧米で主流の「デジタル裏側矯正」を採用し、細かい調節も可能に

    公式HPを見る
  • 矯正装置の種類が豊富なクリニック3選

    東京駅前しらゆり歯科

    豊富な矯正種類を提供!専門外の知識や最新機器を使った「総合治療」で、どんな歯の悩みにも対応

    公式HPを見る

    ソフィア歯列矯正歯科医院

    小児矯正から成人矯正まで対応
    親子で通えるアットホームな専門歯科医院

    公式HPを見る

    東京国際歯科六本木

    後戻りの治療や部分的な矯正に特化
    「患者さん主体の診療」がモットー

    公式HPを見る
  • 矯正実績年数で選ぶクリニック3選

    六本木河野歯科クリニック

    実績
    年数
    17年以上
    公式HPを見る

    東京デンタルオフィス

    実績
    年数
    10年以上
    公式HPを見る

    銀座ハート矯正歯科

    実績
    年数
    9年以上
    公式HPを見る