八重歯

ここでは、八重歯の特徴や原因、矯正方法について紹介していきます。

八重歯の特徴

前から3番目の歯(犬歯)が、歯列からずれて生えてしまい、隣り合っている歯よりも前にあり、重なったように見えてしまう状態を「八重歯」という俗称で呼びます。歯科医療ででは「上顎犬歯の低位唇側転移」という症状です。

尖った歯(犬歯)が前に出ている状態のことを八重歯だと誤解している方が多いようですが、正確には八重歯は「生えている位置に異常がある歯」のことを指すため、どの歯であっても生えている位置に異常がある場合は八重歯ということになります。

その中でも犬歯が八重歯として生えてしまうことが多いことから、そうした誤解が生まれたようです。

原因

八重歯となる主な原因は、永久歯が生えてくる時に十分なスペースが確保できないため歯がズレて生えてきてしまうこと。

だいたい12歳~13歳ごろまでにすべての歯が生え変わりますが、八重歯となる上顎の犬歯は、11歳~12歳頃と、比較的遅い時期に生え変わります。

このため、すでに歯が生えるスペースがいっぱいで場所がない場合や、顎の大きさが小さく歯の大きさとのバランスが取れない場合などに、外側にずれて生えてしまいます。

特に犬歯は他の歯に比べて永久歯が生え始めるタイミングが遅いため、比較的高い確率で八重歯になってしまうのです。

また、もともと顎の骨が小さい人は歯が生えるスペースが狭いため、八重歯になりやすいともいわれています。

矯正方法

八重歯を治療する方法は大きく分けて次の3つがあります。

  • 削って八重歯を目立たなくする
  • 八重歯を抜いてしまう(人工の歯に差し替える)
  • 歯列矯正(矯正治療)で歯を動かす

削って八重歯を目立たなくする

八重歯を削って目立たなくするだけなので、かなりとび出している場合などは難しいのですが、短期間での治療が可能です。

八重歯を抜いてしまう(人工の歯に差し替える)

八重歯自体を抜いてしまうという方法です。八重歯とその付近の歯を抜歯し人工の歯に差し替える方法などもあります。

しかし、非常に強い歯を失ってしまうため、他の歯に負担がかかり易くなることや、健康な歯を抜く事になってしまうので、八重歯だけ飛び出していて他には歯列不正がない場合に行われます。

歯列矯正(矯正治療)で歯を動かす

矯正治療(歯列矯正)によって歯並びをきれいにする方法です。他の方法と比べて時間と費用がかかってしまいますが、条件が合えばこちらが最も望ましい治療方法ではないでしょうか。

できれば、歯を削らず、抜かず、歯列矯正(矯正治療)をするのが一番望ましいと言えるでしょう。

  • 矯正の仕上がりで選ぶクリニック3選

    広瀬矯正歯科

    「歯と顎本来の機能を考えた治療」がモットーの矯正専門医院

    公式HPを見る

    銀座しらゆり歯科

    美しさと歯の健康が同時に叶う!
    銀座最大級の大型総合歯科

    公式HPを見る

    渋谷矯正歯科

    欧米で主流の「デジタル裏側矯正」を採用し、細かい調節も可能に

    公式HPを見る
  • 矯正装置の種類が豊富なクリニック3選

    東京駅前しらゆり歯科

    豊富な矯正種類を提供!専門外の知識や最新機器を使った「総合治療」で、どんな歯の悩みにも対応

    公式HPを見る

    ソフィア歯列矯正歯科医院

    小児矯正から成人矯正まで対応
    親子で通えるアットホームな専門歯科医院

    公式HPを見る

    東京国際歯科六本木

    後戻りの治療や部分的な矯正に特化
    「患者さん主体の診療」がモットー

    公式HPを見る
  • 矯正実績年数で選ぶクリニック3選

    六本木河野歯科クリニック

    実績
    年数
    17年以上
    公式HPを見る

    東京デンタルオフィス

    実績
    年数
    10年以上
    公式HPを見る

    銀座ハート矯正歯科

    実績
    年数
    9年以上
    公式HPを見る