ガミースマイル

ここでは、ガミースマイルの特徴や原因、矯正方法について紹介していきます。

ガミースマイルとは

「ガミースマイル(gummy smile)」の「ガミー」は、歯茎や歯肉を意味する「gum」の形容詞形で、歯茎が見えるという意味から、こう呼ばれています。笑ったり、話しているときに、歯茎(はぐき)が見えてしまう状態で、歯よりも歯茎の部分が長いために歯茎が露出して見えてしまいます。

笑ったときに、つい手で口元を隠してしまう、思い切り笑えないなど、コンプレックスを抱え込んでしまう人も少なくありません。

歯並びや骨格が原因というものもあれば、歯茎や上唇の筋肉が発達していることが原因など様々です。

治療法の種類も様々ですが、原因によって矯正歯科で治療するか美容外科で治療するかも異なります。

このページでは原因や各治療、原因別に適した治療法を紹介しているので、参考にしてみてください。

原因

ガミースマイルになってしまう原因は、あごの骨格、歯並びと歯茎、上唇の状態の大きく3つがあります。

あごの骨格

歯茎の骨に該当する上あごの骨が前に出っ張っているか、骨自体が縦に長いことが原因となってガミースマイルになっている。

歯並びと歯茎

歯が低い位置に生えていて、歯と歯茎の境目の位置も下がるため、上側の歯茎の大部分が見えてしまう。歯茎が発達して、歯茎の粘膜が歯に覆い被さるので、相対的に歯茎が縦に長くなり見えてしまう。

上唇の形状

縦の幅が短く、薄い形状の唇で、歯茎が隠れない。また、笑ったときに上唇を上げる筋肉(上唇挙筋群)が発達している人は、上顎の骨(歯茎の骨)の長さが正常であっても、笑ったときに上唇が過度に上がるため、歯茎が見えてしまう。

上唇挙上筋(上唇の筋肉)の発達

上唇の筋肉を上唇挙上筋と言い、上唇を引き上げる筋肉なのですが、この上唇挙上筋が強いと唇が引っ張られ歯茎が見えてしまうというものです。

矯正方法

ガミースマイルに悩む人も多い症状ですが、歯列矯正や外科施術で比較的容易に安全に治療することができます。ガミースマイルは歯並びが原因となっているケースも少なくなく、歯列矯正と合わせて治療をする方も多くいらっしゃいます。

先にご説明したように、ガミースマイルの原因によって、上顎と上の歯の矯正、上唇と歯茎の間隔を狭める手術といったものから、美容外科手術などでよく使われるボトックスとよばれる薬の注入までいくつかの治療法があります。

ここからは、そうした治療方法のメリットとデメリットを紹介します。

歯列矯正

歯列矯正で治療する骨や歯の突出が軽度な場合には、歯列矯正を行うことで歯並びを整え、その結果ガミースマイルが治る、という方法があります。

また歯列矯正には様々な治療法があり、ガミースマイルの原因によって適した治療法も変わってくるため、歯列矯正のメリット・デメリットと原因別による適した治療法の紹介をします。

メリット

  • 唇を施術する必要がない。
  • 医院によっては保険適用される場合がある。

デメリット

  • 矯正をすると一定の時間がかかってしまう。
  • 完了するまでの期間が長くなる上に1ヶ月おきなど定期的に歯科に行く必要がある。

歯茎の発達が原因の場合

セラミック法と呼ばれる方法でセラミックでできた歯をかぶせて歯茎を見えにくくしたり、歯冠延長術と呼ばれる方法で歯を上に長くする治療を行い歯列矯正を行います。

歯列矯正にもたくさんの方法や種類があります。

歯の生え方によってガミースマイルとなっている場合には、セラミック法と呼ばれる方法でセラミックでできた歯をかぶせて歯茎を見えにくくしたり、歯冠延長術と呼ばれる方法で歯を上に長くする治療を行い歯列矯正を行うこともあります。

歯並びや骨格が原因の場合

上あごの骨が大きく突出していて出っ歯になっている場合には、ワイヤー治療か口腔外科との連携して骨を切る外科的な治療法を行うこともあります。

ワイヤー治療の場合は前歯を内側に押し込み正常な歯並びにすることで、見ている歯茎の部分を少なくしていくというものです。

外科的な手術を行う場合は、噛み合わせなどを十分に考慮した上で、歯を支える骨を削っていきます。 また、唇の裏側の手術で上唇と歯茎の間隔を狭めて歯茎の見える幅を少なくする治療があります。 こちらも外見から傷はわかりませんが、術後の腫れが生じますので、日常生活での制限が必要になってしまいます。症状に合わせた治療方法を歯医者さんと相談してみてください。

美容整形

ガミースマイルは美容整形クリニックなどでも、さまざまな治療の提案を行っています。

メリット

  • 傷が見えない

デメリット

  • 保険が適応されない

歯科医院で受ける治療と、美容整形で受ける治療。どちらで治療するかにより、その方法も変わってきます。

美容整形で受ける治療のメリットは、なんといっても、見えるところに傷を残さないこと。そしてデメリットといえば、病気ではないので基本的に自費だということです。

ボトックス治療

手軽で軽い症状のガミースマイルの場合、そして上唇を持ち上げる筋肉が原因となるガミースマイルでは、ボトックス注射を行うことで唇の動きを抑える方法もあります。

唇の筋肉が原因となっているガミースマイルの方で、手術には抵抗があるので、まずは気軽に試してみたいという場合にはおすすめの治療法です。

上唇の筋肉に力が入りすぎるあまり、唇が上に行き過ぎて、歯ぐきが見えてしまう方に有効とされています。

メリット

  • 1回あたりの費用が安いこと。
  • 日常生活にも全く支障はなく、副作用もほとんどないこと。
  • 注入後の痛みや腫れはほとんどなく、周囲の人に気づかれずにすむ。

デメリット

  • 一度きりの駐車で効果が半永久的に続くわけではなく、時間がたてば元に戻ってしまう。

※しかし、繰り返し続けることで効果の持続期間が長くなったり、少しづつ歯茎が見えにくくなるようになります。

ボトックスの作用は、注射を打った筋肉の働きを局所的に弱めることにあり、幅広い分野で用いられています。

顔のしわを取り除く目的などでも用いられることを知っている人も多いのではないでしょうか。唇を過剰に持ち上げてしまう筋肉の働きを抑制できるので、唇を引き上げる筋肉が原因となるガミースマイルの治療法としても活用されています。

メスを一切使用せず、薬剤を注入するだけの治療ですので、ダウンタイム(日常生活の制限)もなく、手軽に治療できることが特長です。

術によるガミースマイルのダウンタイム(日常生活に支障が出る期間)や合併症、費用面から、注射による治療を希望する方は増えつつあります。

その他の美容整形での治療

半永久的な効果を期待する場合は、耳介軟骨移植による方法があります。

自分の耳の裏あるいは耳の穴の中から薄い軟骨を採取し、鼻の穴の中から鼻柱と上唇の間に移植する方法で、1週間くらい軽く上唇が腫れますが、マスクで十分隠せます。 上唇が過度に上がるのを防ぐ方法です。

傷は鼻の穴の中と、耳の裏あるいは耳の穴の中なので分かりません。

他にも、骨格に問題があり、歯ぐきが突出している場合は、外科矯正が適応になる場合があります。

出っ歯などで、上あごが突き出ている場合は、上あごの骨を後方に引っ込める外科矯正を行います。4番目の歯を抜歯し、出来たスペースを利用し、口元を後方に引っ込めます。

手術は口の中から行うため、外見上の傷あともなく、全身麻酔で眠っている間に終了します。 手術は1回、1~2時間程度で、3日間の入院が必要です。

ワイヤーによる矯正では無理な場合に検討してみてはいかがでしょう。

また、口元全体が出ていて、口が閉じにくい方の場合、上下顎骨体移動術という上下のアゴ(口元全体)を後方にバランスよく引っ込める外科矯正があります。

やはり、手術はすべて口の中から行うために外見上の傷あとを作らず、全身麻酔で眠っている間に終了します。

歯列矯正のみでは解決できない問題を解決することが出来るのが外科矯正の特徴です。

治療期間も長く、高額になりますが、骨に問題があり、歯列矯正だけでは対応できないガミースマイルの原因を根本から解決するので確実に悩みを解消することができます。

このように、ガミースマイルの治療には様々な方法がありますが、どんな治療法があり、その中からどういう治療法だったら自分が理想とする結果がだせるのか?じっくり検討してみてください。

ただし、どれにも言えることですが、それぞれに長所と短所がありますので、「自分が治療を受けるうえで何を重要としているか」を基準に考えてみましょう。

例えば「痛みがない方法」「結果が早くでるもの」「ゆっくりでもいいから確実に」「安い」など、基準をしっかり持っておくと、後悔しにくいと思います。

診断テストで自分にぴったりな矯正歯科を見つける

  • 矯正の仕上がりで選ぶクリニック3選

    広瀬矯正歯科

    「歯と顎本来の機能を考えた治療」がモットーの矯正専門医院

    公式HPを見る

    銀座しらゆり歯科

    美しさと歯の健康が同時に叶う!
    銀座最大級の大型総合歯科

    公式HPを見る

    渋谷矯正歯科

    欧米で主流の「デジタル裏側矯正」を採用し、細かい調節も可能に

    公式HPを見る
  • 矯正装置の種類が豊富なクリニック3選

    東京駅前しらゆり歯科

    豊富な矯正種類を提供!専門外の知識や最新機器を使った「総合治療」で、どんな歯の悩みにも対応

    公式HPを見る

    ソフィア歯列矯正歯科医院

    小児矯正から成人矯正まで対応
    親子で通えるアットホームな専門歯科医院

    公式HPを見る

    東京国際歯科六本木

    後戻りの治療や部分的な矯正に特化
    「患者さん主体の診療」がモットー

    公式HPを見る
  • 矯正実績年数で選ぶクリニック3選

    六本木河野歯科クリニック

    実績
    年数
    17年以上
    公式HPを見る

    東京デンタルオフィス

    実績
    年数
    10年以上
    公式HPを見る

    銀座ハート矯正歯科

    実績
    年数
    9年以上
    公式HPを見る