受け口・しゃくれ(下顎前突)

ここでは、受け口・しゃくれ(下顎前突)の特徴や原因、矯正方法について紹介していきます。

受け口・しゃくれの特徴

受け口・しゃくれは、歯の噛み合わせが上下逆になっている状態で、歯医者さんでは下顎前突症といいます。

正しい噛み合わせでは上の歯が下の歯の上に被っていて、ニコッと笑う口のとき上の歯が表に見えます。しかし、受け口・しゃくれの場合には下の歯が上の歯に被さる形になり、上の歯は見えなくなっています。

原因

ほとんどの場合、幼少時に上顎が十分発育できていないことによるものですが、その原因にはいくつかの種類があり、親からの遺伝による骨格、歯の生え方によるものと、骨格の発育過剰もしくは発育不全、舌の悪習癖ではないかと言われています。

矯正方法

遺伝による骨格、歯の生え方による受け口・しゃくれの場合には、ご両親のどちらかが受け口・しゃくれの場合はお子さんもなる可能性が高くなります。

幼児期からお子さんのかみ合わせの状態を観察し、少しでも受け口・しゃくれになる傾向が見受けられた場合には、ならない・進行させないための治療を早期から始めるのがよいと思われます。

乳歯のかみ合わせの時点で、すでに受け口(かみ合わせが上下反対)になっている場合は、かみ合わせを正常に誘導する装置(ムーシールドなど)を 使ったりすることで受け口の治療を行うことが一般的です。

発育過剰もしくは発育不全による受け口・しゃくれの場合は、成長期であれば上顎のアーチを広げる様な装置(上顎拡大装置)を入れて受け口の状態を治したり、予防したりします。

例外的に、下顎のサイズが矯正の範囲を超えて大きい場合には、 外科手術によって下顎のサイズを小さくすることもあります。

幼児期には、舌の筋肉や顎の発達を促す矯正が中心ですが、永久歯が生えそろった大人の矯正では、どうか?というとブラケットを装着した矯正が一般的となります。

歯の1本1本に器具を装着し、ワイヤーによって歯を動かす方法で、歯を移動させて歯並びや噛み合わせを整えていきます。

期間が長いことと装置に慣れるまで少し時間を要しますが、年齢に関係なく治療が可能で、歯を削らずに治療できるのが大きな特徴です。

簡易的な方法としては、セラミック矯正があります。歯を部分的に削って、セラミックの歯にすることで、歯の形を変えて、反対になった咬合を治します。

ただし、健康な歯を削ることが必要で、歯の根に負担もかかるので、さまざまなメリット、デメリットを踏まえて治療を検討してください。

診断テストで自分にぴったりな矯正歯科を見つける

  • 矯正の仕上がりで選ぶクリニック3選

    広瀬矯正歯科

    「歯と顎本来の機能を考えた治療」がモットーの矯正専門医院

    公式HPを見る

    銀座しらゆり歯科

    美しさと歯の健康が同時に叶う!
    銀座最大級の大型総合歯科

    公式HPを見る

    渋谷矯正歯科

    欧米で主流の「デジタル裏側矯正」を採用し、細かい調節も可能に

    公式HPを見る
  • 矯正装置の種類が豊富なクリニック3選

    東京駅前しらゆり歯科

    豊富な矯正種類を提供!専門外の知識や最新機器を使った「総合治療」で、どんな歯の悩みにも対応

    公式HPを見る

    ソフィア歯列矯正歯科医院

    小児矯正から成人矯正まで対応
    親子で通えるアットホームな専門歯科医院

    公式HPを見る

    東京国際歯科六本木

    後戻りの治療や部分的な矯正に特化
    「患者さん主体の診療」がモットー

    公式HPを見る
  • 矯正実績年数で選ぶクリニック3選

    六本木河野歯科クリニック

    実績
    年数
    17年以上
    公式HPを見る

    東京デンタルオフィス

    実績
    年数
    10年以上
    公式HPを見る

    銀座ハート矯正歯科

    実績
    年数
    9年以上
    公式HPを見る