良い矯正歯科に出会うには?

「歯並びを治したいけど、歯科医院はたくさんあってどこに通えばいいかわからない」「行ったことのない歯医者さんを治療がうまいか判断するのは不可能だし…」矯正をしたいとは思うものの、そんな不安を抱えている方は少なくありません。そこでここでは、矯正歯科の選び方を紹介します。

良い矯正歯科を見極めるための3つのポイント

まずは、矯正歯科の選び方のポイントを解説していきます。

  1. 常勤矯正医が多数在籍しているか
  2. 最新の設備が完備されているか
  3. 歯列矯正以外の歯の治療も行っている「総合歯科」であるか

その1.常勤矯正医が多数在籍しているか

日本に約10万人いる歯科医師の中で日本矯正歯科学会の認定医という資格を持っている歯科医師は、たった3%の約3000人しかいません。

そのため1人の矯正の認定医が何か所かの歯科医院を掛け持ちで診療していることが多いので、「常勤」というのは安心ポイントが高いのです。

普通の歯科医師に矯正治療はできないのか?というと、日本の法律では、歯科医師免許を持ってさえいれば矯正治療を行うことは違法ではありません。

しかし、歯科医師にもそれぞれ専門・得意分野があるため、すべての医師が安全に患者の負担が少ない方法で一流の矯正治療を提供できるということではありません。

矯正治療は歯科治療の中で最も専門性の高い分野ですので、認定医になるためには歯科医師免許を取得した上で、さらに5年間矯正専門のトレーニングに専念しなければなりません。そのため診療の片手間で容易に習得できるものではありません。

虫歯などでお世話になる一般歯科で信頼できる歯科医師と矯正歯科で信頼できる歯科医師は違います。日頃から、かかりつけの歯科医院があり信頼できる人ならば「日本矯正歯科学会の認定医の先生を紹介して下さい」と尋ねてみたほうがいいかもしれません。

その2.最新の設備が完備されているか

当然ながら最新の設備がある矯正歯科では、より良い治療が受けられる可能性が高いです。ただし精密治療に不可欠なマイクロスコープといった、最先端の高価な機器を導入しているのは日本の歯科では数パーセントと少数。

最新の設備があるクリニックがベストな治療ができるとは必ずしも当てはまるわけではありませんが、どのような設備を持っているのかも、治療方法と合わせて確認するとよいでしょう。

その3.歯列矯正以外の歯の治療も行っている「総合歯科」であるか

各専門分野の歯科医師がチームを組み、技術を生かした精密な総合歯科治療が一か所でできるからです。

たとえば、矯正治療中にアクシデントがおきたので「他の歯科医院に行ってください」というケースもあります。総合歯科ならどんなケースでも対処することができます。

以上矯正歯科の選び方の3つのポイントをご紹介しましたが、なんといっても親身になってしっかりコミュニケーションをとってくれる医師がいるクリニックを選ぶことはいうまでもありません。

矯正は虫歯治療などと違い、治療に掛かる費用も高価で、治療期間も長いので、予算や期間の相談なども気軽にできてコミュニケーションを取りやすい歯医者でなければ困ります。

  • 矯正の仕上がりで選ぶクリニック3選

    広瀬矯正歯科

    「歯と顎本来の機能を考えた治療」がモットーの矯正専門医院

    公式HPを見る

    銀座しらゆり歯科

    美しさと歯の健康が同時に叶う!
    銀座最大級の大型総合歯科

    公式HPを見る

    渋谷矯正歯科

    欧米で主流の「デジタル裏側矯正」を採用し、細かい調節も可能に

    公式HPを見る
  • 矯正装置の種類が豊富なクリニック3選

    東京駅前しらゆり歯科

    豊富な矯正種類を提供!専門外の知識や最新機器を使った「総合治療」で、どんな歯の悩みにも対応

    公式HPを見る

    ソフィア歯列矯正歯科医院

    小児矯正から成人矯正まで対応
    親子で通えるアットホームな専門歯科医院

    公式HPを見る

    東京国際歯科六本木

    後戻りの治療や部分的な矯正に特化
    「患者さん主体の診療」がモットー

    公式HPを見る
  • 矯正実績年数で選ぶクリニック3選

    六本木河野歯科クリニック

    実績
    年数
    17年以上
    公式HPを見る

    東京デンタルオフィス

    実績
    年数
    10年以上
    公式HPを見る

    銀座ハート矯正歯科

    実績
    年数
    9年以上
    公式HPを見る