大学病院で行う歯列矯正

大学病院との違いとは

歯列矯正を受ける場所はさまざまです。

治療方法にもよりますが、歯科矯正には長い期間がかかるもの。お世話になる病院は慎重に選びたいですよね。

歯列矯正を受けられる場所は、基本的に一般歯科、大学付属病院、歯列矯正専門の医院の3つです。

そこでここでは、大学病院の特徴や、メリット・デメリットについて見ていきましょう。

大学病院での治療を受けるばあいは、自分の出身大学に紹介状を書いてもらい、その大学付属の病院に行くのがいいでしょう。

ですが、出身大学に付属の病院がないばあいや大学出身ではないばあいでも他の大学病院で治療を受けることは可能です。

大学病院のメリットと言えば、まずその設備でしょう。

歯科に限らず、大学病院は一般の病院よりも高度な設備を持っていることがほとんどです。

そのため、特殊な治療が必要なばあいでも対応できます。

また、医師の数が多いので、も担当医が合わなくても比較的簡単に別の医師に替えてもらえます。

引っ越しが予想されるばあいでも、国立大学の大学病院であれば治療費を引き継ぐことができるので安心です。

反面、大学病院は教育機関でもあるので研修中のドクターも数多く、大抵のばあいは研修中のドクターが担当となるので、経験豊富なベテランのドクターでないと……という人は注意が必要です。

また、大学病院にはたくさんの人が治療を受けに来るので、1回の診察にまるまる1日かかることも珍しくはありません。

予約が取りづらいのも特有のデメリットと言えるでしょう。

失敗しない矯正歯科の選び方

前にも述べたとおり、矯正治療を受けるとなると、選択肢は基本的に一般歯科、大学付属病院、歯列矯正専門の医院の3つとなります。

どの施設で治療を受けるかももちろん大事ですが、そこで自分の希望するような治療をしてくれるのか、信頼できる医師はいるのかも十分に調べておく必要があります。

そこでここでは、さまざまな観点から失敗しない歯科矯正の選び方を見ていきましょう。

初回相談をする

長期間に渡ってお世話になる医院や医師とは、もちろん信頼関係が必要です。

そのため複数のクリニックで初回のカウンセリングを行うのは重要です。

HPなどでの治療方針や料金案内との食い違いがないかなどをしっかりチェックしましょう。

また、料金は総額でいくらになるか、複数の治療計画を立ててくれるかなども重要です。

認定医がいるか

歯科医師であればだれでも矯正治療を行うことができますが、それは裏を返せば歯科医師の技術や知識には大きな差があるということです。

経験豊富な医師を見分けるための指標の一つが「日本矯正歯科学会の認定医師であるかどうか」です。

日本矯正歯科学会の認定医であれば、一定の水準をクリアした信頼できる医師であると見ていいでしょう。

口コミ、広告の信頼度

口コミや広告の中には、少なくない量の信頼すべきでない情報が含まれています。

また、大々的に広告をしているということは、それだけしないと集客ができないということでもあります。

結論から言うと、参考程度にとどめておき、鵜呑みにするのはやめておいたほうがいいでしょう。

  • 矯正の仕上がりで選ぶクリニック3選

    広瀬矯正歯科

    「歯と顎本来の機能を考えた治療」がモットーの矯正専門医院

    公式HPを見る

    銀座しらゆり歯科

    美しさと歯の健康が同時に叶う!
    銀座最大級の大型総合歯科

    公式HPを見る

    渋谷矯正歯科

    欧米で主流の「デジタル裏側矯正」を採用し、細かい調節も可能に

    公式HPを見る
  • 矯正装置の種類が豊富なクリニック3選

    東京駅前しらゆり歯科

    豊富な矯正種類を提供!専門外の知識や最新機器を使った「総合治療」で、どんな歯の悩みにも対応

    公式HPを見る

    ソフィア歯列矯正歯科医院

    小児矯正から成人矯正まで対応
    親子で通えるアットホームな専門歯科医院

    公式HPを見る

    東京国際歯科六本木

    後戻りの治療や部分的な矯正に特化
    「患者さん主体の診療」がモットー

    公式HPを見る
  • 矯正実績年数で選ぶクリニック3選

    六本木河野歯科クリニック

    実績
    年数
    17年以上
    公式HPを見る

    東京デンタルオフィス

    実績
    年数
    10年以上
    公式HPを見る

    銀座ハート矯正歯科

    実績
    年数
    9年以上
    公式HPを見る